病院

糖尿病になったとき

どんな症状が出るのか

悩み

糖尿病やがんを患っている人は年々増加傾向にあると言われています。現代人は不規則な生活習慣や食生活によって、身体が何らかの病状を訴えてくることも多いのです。アルコールや脂っこい食事、糖分の過剰摂取など、内臓に負担をかけてしまうものを好む人も決して少なくはないでしょう。症状が現れてから病院を受診す人も多く、検査をして始めて病気を発症していたという方がほとんどです。 病気によって症状には個人差がありますが、糖尿病の場合はまず、のどが渇きや頻尿になることが挙げられます。 夜中にも何度も尿意を感じて起きてしまい、 そのせいで寝不足になってしまうというケースも珍しいことではありません。 とにかくのどが渇く、というのが一番の症状だと思います。 もちろん、それだけではないですしほかの症状が出る人も多数います。がんの場合はがん細胞が発生した場所によって違いがあります。胃の場合なら嘔吐や食欲不振が起きますし、大腸なら血便や下血などが起こります。しかし、糖尿病もがんも初期症状では深刻に受け止めることなく市販薬で様子を見る人が多いです。深刻な症状ではないため、疲れやストレスからくる症状だろうと軽く考えてしまうためです。早期の検査や治療が命の危険から身を遠ざける手段でもあるのです。

改善策の進化

糖尿病では食事にも気を遣う必要があります。これまでは、患者のための専用の食事メニューがあって、それの通りにきちんと食事をとって薬などで治療するということが多かったです。 勿論、現在も基本的な治療法は変わっていないのですが食事の内容が見直されていっています。 以前はごはんなどの炭水化物もメニューに多く含まれていました。 ですが最近は糖質制限を重視したものとなっており、炭水化物などをなるべく摂取しないというメニューに切り替わりつつあります。 現在でも炭水化物を一切摂取させないようにする病院もあれば、そうでない病院もありますし考え方もいろいろとあるみたいですので、自分の考え方に近い先生のいる病院へ行くのがベストです。

転移がんに負けない

医者

がんは転移してしまう病気です。細胞が徐々に他の臓器を侵食し、破壊を進めてしまいます。抗癌剤の使用が一般的ですが、効果の高さに比例して副作用があります。最近では副作用を抑えるように新しい抗癌剤が開発されています。

詳細を確認する...